ブロックを使ってHTTP通信

OS X 10.6, iOS 4.0から使えるようになったブロック構文。iOS 3系のデバイス(特にiPad)のことがあったため、なかなか本格的に使う機会が訪れなかったのですが、先日iPadもOSが4.2となりブロックが使えるようになり、これでようやくブロック構文を本格的に使って実装を行っていく事ができそうです。 “ブロックを使ってHTTP通信” の続きを読む

Xcodeのテキストマクロ

プログラムを少ない労力と時間で書く上でIDEによる補間機能はとても便利だ。限定的ではあるがXcodeではテキストマクロを活用すると、通常の補間よりも更にラクができる。コマンドを覚えておかないと使いこなせないので、忘れないためのメモ。
“Xcodeのテキストマクロ” の続きを読む

MTM06 終了

Make Tokyo Meeting 06に参加してきました。
新しい作品「カッコつけたいわけじゃなくて、こうしないと動かないんです」の展示を行いました。

近くのブースの皆様、音の暴力的な意味でご迷惑をおかけしました。幸いにも近隣のブースには心優しい方々ばかりで、よかった…。

何十、何百という方々の中二病的なカッコイイ姿を見れて、満足です。

詳細はファンデルワールス力のページにて資料をアップロードしました!

Cocoaにおけるメモリ管理の作法、超適当なまとめ(基礎編)

自分自身が最初に勉強した時もそうでしたが、iPhoneアプリケーションの開発方法を新しく勉強するにあたって、最初の難関はメモリー管理の部分にあります。周りで勉強をはじめた人のコードを読んでいても、メモリーリークやリリースし過ぎているケースをよく見ます。

iPhoneにおけるメモリ管理は非常に重要な問題で、正しく学ぶためには時間をかけて詳解Objective-C 2.0等を熟読して内部の動きを理解する必要があると思うのですが、本だけを読んで理解するには結構なエネルギーと時間と想像力が必要だと思います。(そのために一回読んだだけでは把握しきれず、上記のような実装上の問題を抱えてしまっているように思います)。スムーズに勉強を進めるためには、色々な資料があった方が理解しやすいと思うので、ここでは自分が重要だと思うCocoaにおけるメモリ管理のポイント/具体的な作法を超適当に記述していきます。決してこの記事だけですべてを理解できるわけではないですが、メモリ管理のやり方を理解するための一助となれば幸いです。

“Cocoaにおけるメモリ管理の作法、超適当なまとめ(基礎編)” の続きを読む

vDSPを使う(高速フーリエ変換編 その6)

vDSPを使ったFFTをより簡単に使うためにラッパークラスを作っています。前回の記事の続きで、実際に作ったクラスの内容は下記のようになります。 “vDSPを使う(高速フーリエ変換編 その6)” の続きを読む

vDSPを使う(高速フーリエ変換編 その5)

その4までで、一応窓関数も使った高速フーリエ変換が実現できました。しかし実際にオーディオのリアルタイム解析などで使おうとすると、このままでは使いにくいし効率も悪いので、後々使いやすい形に実装しなおします。 “vDSPを使う(高速フーリエ変換編 その5)” の続きを読む