Snow LeopardにOpenCV 2.1をインストール


OpenCV 2.1がリリースされていたので、インストールしなおしてみた。
前回のインストールから少し状況が代わっていたので、再度備忘録的な意味でポスト。

OpenCV 2.1のインストール

1. Xcodeのインストール

Xcodeの最新版3.2.4をインストール。
iPhone SDKでも可。

2. CMakeのインストール

http://www.cmake.org/cmake/resources/software.html
OpenCVのコンパイルにCMakeが必要になるので、CMakeの最新版2.8.0のMacのバイナリ版をインストール。

3. OpenCVのソースコードのダウンロード

http://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/
OpenCV 2.1.0のソースコードをダウンロード。

解凍してできたディレクトリの下にreleaseディレクトリを作る。

4. CMakeでConfigure + Generate

ソースコードのディレクトリをOpenCVのソースコードを解凍してできたディレクトリに、
ビルドディレクトリに先ほどつくったreleaseディレクトリを指定する。

Configureボタンを押すとウィザードが始まる。

Specify native compilersを選択


C: /usr/bin/gcc-4.0
C++: /usr/bin/g++-4.0


BUILD_NEW_PYTHON_SUPPORTにチェックがついているとエラーになってしまうので、このチェックを外してもう一度Configureする。

今度はエラーがなくなったので、Generateする。

5. ビルド+インストール

ターミナルを起動し、先ほどつくったreleaseディレクトリに移動しビルド+インストールする。
make
sudo make install

これでOpenCVのインストールは完了。
この状態では
ライブラリやヘッダーは/usr/local/lib、/usr/local/include/opencv…等の場所にインストールされる。

動作確認

1. 新しいCommand Line Toolアプリの作成

動作確認用に新しいCommand Line Toolを作成する。

2. プロジェクトの設定


アーキテクチャ: 32bit Universal
有効なアーキテクチャ: i386とx86_64のみを残して、他のppc系を削除する
ヘッダ検索パス: /usr/local/include/opencv
にそれぞれ変更する。

3. ライブラリの読み込み

「追加」->「既存のファイル」で
/usr/local/lib/libcv.dylib
/usr/local/lib/libcxaux.dylib
/usr/local/lib/libcxcore.dylib
/usr/local/lib/libhighgui.dylib
を追加する。

4. テスト用コードのはりつけ

http://opencv.jp/sample/video_io.html
main.cにビデオ入力の確認用のサンプルプログラムを貼付ける。

動いた。

参考


「Snow LeopardにOpenCV 2.1をインストール」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です