Mac上にnode.jsの開発環境を作る


node.jsのインストール

node.jsの最新の開発用環境をMac上に用意します。

brew install node.js

node.jsはbrewでサクっとインストールすることができました。インストール後のメッセージで/usr/local/lib/node_modulesをNODE_PATHに入れろ、とのことなので~/.profile上に記述しておきます。

export NODE_PATH=/usr/local/lib/node_modules

これだけの手順なので間違える余地もあまりないですが、インストールに成功すると、nodeコマンドが使えるようになります。

node -v

npmのインストール

node.js単体で使っても面白くないので、便利なライブラリ群を使うためnpmもインストールします。(所謂gemみたいなnode.js用のパッケージ管理システムです)

npmに関しては現在はbrew上ではインストールできなくなっているため、別途下記のコマンドでインストールします。

curl http://npmjs.org/install.sh | sh

ちなみに、諸々の事情でメインの開発環境はSnow Leopardのままにしているため、上記のインストールもSnow Leopardマシンでのみ試しています。

なお、ウェブ上で見つかるnpmの説明に関しては1.0より前のバージョンのものと1.0以降のものが混在しているため、注意が必要です。(npmで-gオプションをつけずにインストールした後にコマンドラインからコマンドを叩くような手順があったら、それは1.0より前のバージョンの説明です)


“Mac上にnode.jsの開発環境を作る” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です