foreverを使ったnode.jsのサービス運用


node.jsでUDPサーバーを作ったので、いざこれを適当なサーバー上で運用させてみようと思ったところ、どういった形で運用すればよいのかわからない…。開発時にはnodeコマンドを使ってサーバーを立ち上げていましたが、本番サーバーでもそれでよいのか?調べていたところ、foreverというnode.js用のデーモンマネージャーがあり、これを使うのが楽そうだったので使ってみました。

foreverのインストール

foreverはnpmを使ってインストールすることができます。foreverはコマンドライン上で使うので、npm 1.0系では-gオプションをつけてグローバルインストールする必要があります。

sudo npm install forever -g

アプリケーションの起動

アプリケーションの管理にはforeverコマンドを使います。

forever start udpserver/udpserver.js

foreverコマンドを使ってサーバーを起動したら、シェルからログアウトしてしまってOKです。

アプリケーションの確認

forever listで実行中のnodeアプリケーションを確認できます。

$ forever list
info:   Running action: list
info:   Forever processes running
data:       uid  command script                 forever pid   logfile                      uptime     
data:   [0] O50A node    udpserver/udpserver.js 29860   29861 /home/*/.forever/O50A.log 0:0:1:28.4

ここで確認できるアプリケーションの番号[0]は、後でアプリケーションを終了させる時に使います。

アプリケーションの終了

終了はforever stop #{アプリケーションのID}で行います。

forever stop 0

「foreverを使ったnode.jsのサービス運用」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です