Xcode Cloudでビルドの前後に処理を行う

今更だが、Xcode Cloudが便利だ。Apple純正のCI/CD環境ということもあって、設定で複雑なことをする必要がなく、やれることも限られている分わかりやすい。

大抵のアプリのビルドでは、Xcode Cloudの標準の機能だけで問題なくApp Storeへの申請/TestFlightでの配布ができているのだが、稀にビルドの前後に何らかの処理を行いたいケースがある。

https://developer.apple.com/documentation/xcode/writing-custom-build-scripts

Xcode Cloudには、Custom Build Scriptという仕組みが用意されており、このルールに従ってスクリプトを用意すると、下記のタイミングで任意の処理を実行できる。

  • レポジトリからのCloneが終わった直後(ci_post_clone.sh)
  • xcodebuildが実行される直前(ci_pre_xcodebuild.sh)
  • xcodebuildが終わった直後(ci_post_xcodebuild.sh) ※失敗時も呼ばれる

ビルド番号(CI_BUILD_NUMBER)や何をトリガーにワークフローが開始されたのか(CI_START_CONDITION)などの情報を環境変数として参照できるようになっている。

https://developer.apple.com/documentation/xcode/environment-variable-reference

デバッグ用の情報(COMMIT HASHなど)をアプリ内で参照できるようにする、など色々使える場面があって、覚えておくと何かと便利。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です