画像の大きさを揃えて並べてつなげるソフトを作った

投稿者: sota 投稿日:

Pocket

cat
いつも、時系列を説明するような図表を作る時に、画像のサイズを揃えて等間隔に並べて矢印を挟んでつなげる、という一連の作業がえらく面倒なので専用のツールを作りました。Mac App Storeから無料でダウンロードできます。
スクリーンショット 2015-06-27 23.23.22
Finderから画像をドラッグアンドドロップして、間に挟む(上から重ねる)画像と、間隔を指定すると、連結したPNGファイルが吐き出されます。
tunacan-bridge-image-effect2
セクシーなUIにしようと思って、一つ一つのアクションにアニメーションとサウンドをつけてみましたが、しばらく時間がたってから改めてみてみると、セクシーというよりはスーパーのレジみたいな音になっていました。
Tunacan – Image Concatenator
 

カテゴリー: Mac

4件のコメント

奥村 · 2016年4月12日 3:04 AM

はじめまして。
東京都在住の奥村と申します。
先ほどこちらのソフトをインストールさせて頂き、
Extension Packも購入させて頂きました。
利用に際しまして、いくつか質問がありますので
コメントさせていただきます。
・「900×602」の大きさのJPGファイルを開いても、
「216×144」に縮小されて表示されてしまいます。
オリジナルサイズで開く事はできますか?
・複数のJPGファイルを選択して開く際に、
画像名とは逆順で連結されてしまいます。
画像名の正順で連結させる事はできますか?
例)
DSC_0007.JPG
DSC_0008.JPG
DSC_0009.JPG
を選択して開くと
DSC_0009.JPG
DSC_0008.JPG
DSC_0007.JPG
の順番で連結されてしまいます。
上記、お答え頂けますと大変助かります。
よろしくお願いいたします。

    総裁 · 2016年4月13日 12:37 AM

    ご利用ありがとうございます。
    サイズが縮小されてしまう問題に関しましては、調査のため、もし差し支えなければ info@kreuz45.com まで当該のファイルをお送り頂いてもよろしいでしょうか?
    複数ファイルをドロップした際の順序につきましては、どのような仕様が使い勝手が良いか検討し、今後のアップデートで何かしら改良してみようと思います。

IKUKO · 2017年1月17日 8:21 PM

Yosemite 10.10.5で利用しようとダウンロードしましたが、全く使えません。
intel Core i7です。
画像をドラッグ&ドロップすると、四角い枠が出てきて、左と下に画像の大きさを表す数字が出てきます。
しかし、画像は見えません。
2つ目の画像をドラッグ&ドロップすると、左右に四角い枠が2つ並びますが、やはり画像は見えません。
もちろん、「書き出し」もエラー表示が出てきて、できません。
macの再起動、ソフトの再インストールしましたが、同じです。
料金を支払いアップグレードすれば使えるようになるかと思い、課金しましたが、変わりません。
どこか設定を変えれば使えるようになるのでしょうか。
webで評判が良かったので、ぜひ使いたいと思うのですが。。。
サポートサイト(英語)へ行ったのですが、 なんどもエラーでコメントを入れることができませんでした。

    IKUKO · 2017年1月23日 3:03 PM

    本日Ver 1.8.6がアップされていることに気がついて、アプデートしてみました。
    見事に使えるようになりました。
    作者さんはちゃんと見ていてくれていたんだと思って、なんか、嬉しくなりました。
    ありがとうございました。
    これからも、ずっと使わせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です