Mac上にnode.jsの開発環境を作る

node.jsのインストール

node.jsの最新の開発用環境をMac上に用意します。

brew install node.js

node.jsはbrewでサクっとインストールすることができました。インストール後のメッセージで/usr/local/lib/node_modulesをNODE_PATHに入れろ、とのことなので~/.profile上に記述しておきます。

export NODE_PATH=/usr/local/lib/node_modules

これだけの手順なので間違える余地もあまりないですが、インストールに成功すると、nodeコマンドが使えるようになります。

node -v

npmのインストール

node.js単体で使っても面白くないので、便利なライブラリ群を使うためnpmもインストールします。(所謂gemみたいなnode.js用のパッケージ管理システムです)

npmに関しては現在はbrew上ではインストールできなくなっているため、別途下記のコマンドでインストールします。

curl http://npmjs.org/install.sh | sh

ちなみに、諸々の事情でメインの開発環境はSnow Leopardのままにしているため、上記のインストールもSnow Leopardマシンでのみ試しています。

なお、ウェブ上で見つかるnpmの説明に関しては1.0より前のバージョンのものと1.0以降のものが混在しているため、注意が必要です。(npmで-gオプションをつけずにインストールした後にコマンドラインからコマンドを叩くような手順があったら、それは1.0より前のバージョンの説明です)

foreverを使ったnode.jsのサービス運用

node.jsでUDPサーバーを作ったので、いざこれを適当なサーバー上で運用させてみようと思ったところ、どういった形で運用すればよいのかわからない…。開発時にはnodeコマンドを使ってサーバーを立ち上げていましたが、本番サーバーでもそれでよいのか?調べていたところ、foreverというnode.js用のデーモンマネージャーがあり、これを使うのが楽そうだったので使ってみました。 “foreverを使ったnode.jsのサービス運用”の続きを読む

Cent OSにnode.jsをインストール

開発用にMacにnode.js、npmをインストールする際はbrewとshコマンド程度でサクッとインストールできたのですが、どうやらCent OS等にインストールする場合は現時点ではソースコードからビルドする必要があるようです。以下、なんの変哲もない備忘録的インストール手順です。 “Cent OSにnode.jsをインストール”の続きを読む

node.jsでUDPサーバーを作る1

今作っているソフトの関係でUDPサーバーを用意したくなり、せっかくなのでnode.jsを使って作ってみました。node.js自体はHTTPサーバーをたててみて遊んでみたことはありますが、UDPで使うのははじめてです。 “node.jsでUDPサーバーを作る1″の続きを読む