macOSアプリのCI事情8 – 一連の流れをコマンドで実行してみる

pkgファイルをiTunes Connectにアップロードするところまでをコマンドラインから実行できるようになったら、一度流れを整理しておこう。 “macOSアプリのCI事情8 – 一連の流れをコマンドで実行してみる”の続きを読む

macOSアプリのCI事情7 – deliverでpkgファイルをiTunes Connectにアップロードする

iTunes Connectにアップロード可能なpkgファイルをコマンドラインから作れるようになったら、今度はそのpkgファイルをコマンドラインからiTunes Connectにアップロードしてみよう。 “macOSアプリのCI事情7 – deliverでpkgファイルをiTunes Connectにアップロードする”の続きを読む

macOSアプリのCI事情6 – xcarchiveからpkgファイルを作る

今度は、作成したxcarchiveからpkgファイルを作る。Apple純正ツールを使ってできるのはこのステップまで。その先は難易度が上がるので、まずはここまでの流れを確実なものにしておく。 “macOSアプリのCI事情6 – xcarchiveからpkgファイルを作る”の続きを読む

macOSアプリのCI事情5 – xcodebuildでxcarchiveを作る

前のポストでは、プロジェクト/ワークスペースからipaを作り、iTunes Connectにアップロードするところまでの流れを確認した。このポスト以降では、この流れを一つずつスクリプトに置き換えていく。 “macOSアプリのCI事情5 – xcodebuildでxcarchiveを作る”の続きを読む

macOSアプリのCI事情4 – ビルドからアップロードまでの流れ

テストに成功したので、今度はリリース用のビルドをxcodebuildを使って作成し、App Storeにアップロードするところまでをスクリプト化したい。しかし、この手順は設定が多く、サードパーティツールが必要になり、仕様変更などがあった場合に都度確認・調整が必要になることもある難所だ。スクリプト化をする前に、XcodeとApplication Loaderを使って、申請までの流れの確認をしておこう。 “macOSアプリのCI事情4 – ビルドからアップロードまでの流れ”の続きを読む

macOSアプリのCI事情3 – xcodebuildを使ってテストする

macアプリのCIを構築していく上で、xcodebuildの基本的な使い方を押さえておく必要がある。

xcodebuildはXcodeをインストールすると使えるようになるコマンドで、プロジェクトのビルドやテストの実行などに使われる。JenkinsのXcodeプラグインや、fastlaneのgymなどのサードパーティ製のビルド補助ツールも、基本的には内部的にはxcodebuildを使っている。macOSアプリ、iOSアプリ、tvOSアプリなど、Xcodeが対応している各種プロジェクトは共通してxcodebuildを使ってビルド・テストできる。まずは、テストを実行してみよう。 “macOSアプリのCI事情3 – xcodebuildを使ってテストする”の続きを読む

macOSアプリのCI事情2 – 使うツール群とサービス

まず、macOSアプリのCIを実現する上で必要なツール・サービスについて。

macOSアプリのCIでは、主に下記のツール・サービスを使用していくことになる。あらかじめ、各ツールの役割・立ち位置について頭に入れておくと、色々と理解しやすくなり、思い通りに動かない時にも対応しやすくなる。 “macOSアプリのCI事情2 – 使うツール群とサービス”の続きを読む

macOSアプリのCI事情1 – 概要

デベロッパ・市場規模のせいか、iOSアプリのCI(継続的インテグレーション)に関する情報は簡単に見つかるが、macOSアプリやtvOSアプリのCIに関する情報はなかなか見つけにくい。長いこと苦戦してきたが、macOSアプリに関しては、ようやく良さげな解決策を見つけるところまで至ったので、ここに共有しておく。 “macOSアプリのCI事情1 – 概要”の続きを読む

MacにインストールしたJenkinsのメンテナンス

大分更新をさぼってしまいました。アプリ開発にJenkinsを使い始めて1年以上立ちました。今やJenkinsはインフラと課しているので、メンテナンスが重要になってきました。 “MacにインストールしたJenkinsのメンテナンス”の続きを読む

Jenkinsを使ったiOSアプリビルド自動化12 ビルドしたアプリを配布する(1)

テストの自動化が実現できたので、今度はビルドをTestFlightにアップロードし、アドホックインストールできるようにします。少し長くなるので、記事を分けて書きます。 “Jenkinsを使ったiOSアプリビルド自動化12 ビルドしたアプリを配布する(1)”の続きを読む