iPad

iPhoneでXMLを解析する

CocoaではNSXMLDocumentを使うと簡単にXMLデータを処理することができるが、iPhoneにはなぜか搭載されていないためNSXMLParserを使い自分でXML解析を行う必要がある。NSXMLParserはイベントドリブンのパーサーなのでそのままでは多少使い勝手が悪い。 (さらに…)

投稿者:sota 投稿日時:
iPhone

CoreLocationで現在位置を取得する

CoreLocationフレームワークを使うと現在の位置情報を取得することができる。
iPhoneにはGPSセンサーが搭載されているが、GPS衛生からの電波だけでなくWi-Fiホットスポットや携帯の基地局から信号を使って位置特定の精度をあげているようだ。この部分についてはプログラムの実装上意識する必要はなく、単純にCoreLocationフレームワーク側でその時使える情報を元に位置特定をしてくれる。 (さらに…)

投稿者:sota 投稿日時: