TestFlightのすすめ

投稿者: sota 投稿日:

Pocket

デバイスへのアプリのデプロイは、iOSアプリを開発する上でストレスの溜まる作業の一つです。ノンプログラマーの人に説明するには手順が複雑だし、かといって動作確認の度に自分の作業を中断し、彼らのデバイスを預かってアプリをデプロイして渡すのは集中力を低下させます。このストレスを低減してくれるサービスの一つとして、TestFlightを紹介します。
TestFlightは、一言で説明すると開発中のアプリをネット経由でデバイスにデプロイするためのサービスです。プログラマーはノンプログラマーの人達のデバイスにデプロイしたいアプリをArchiveしたら、ipaファイルをTestFlightのウェブにアップロードします。ノンプログラマーの人達は、自分のデバイスからTestFlightのウェブを開き、インストールボタンを押すだけでアプリをインストールできます。
シンプルなシステムですが、直接デバイスをつないでデプロイする作業と違い、プログラマはipaファイルを作ってアップロードしておくだけなので、自分の作業を中断せずにすみます。一方でノンプログラマーの人も、プログラマーの手が空いていなくても、必要になったタイミングでアプリをデプロイできるので、チーム全体にとってプラスになります。
TestFlightには、上記のシステムのほかにTestFlight SDKというものが用意されており、これを使うとリモートロギング等が可能になったり、APIを使うとJenkinsなどのCIツールと組み合わせてさらに便利な事ができるのですが、こちらは別の機会に紹介しましょう。
TestFlight » iOS beta testing on the fly

カテゴリー: iPadiPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です