Android SDKの設定が楽になっていた


iMacの修理からの再セットアップでAndroid SDKについてもゼロからインストールしたのですが、先日のR18リリースに伴うADT PluginのアップデートによってSDKの設定が簡単になっていました。

具体的な手順はなんてこったいAndroidのほうに書きましたが、ADT PluginがアップデートされてAndroid SDKのインストールをADT Plugin上でできるようになっていました。いちいちAndroid SDKを手動でウェブから落としてきて配置する手間が省けて便利です。(ただし、この設定画面は一度キャンセルしてしまうと二度と開けない模様…)

Intel CPU用高速エミュレータも登場し、ここにきてAndroidの開発環境がかなり改善してきましたね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です